四診とは

望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診、切診(せっしん)の4つがあります。

望診

各臓器の色調、表面の状態など、姿勢などを指します。

舌は特に重要で舌質(色、形)、舌態、舌苔(色、質)で病態を診断します。

聞診

音を聞くほかに臭いを確認する意味もあります。

問診

既往歴は当たり前ですが、症状を細かく聞きます。

切診

脈診と按診の2種類があります。日本漢方では特に腹診を重視する傾向があります。