気・血・津液(水)について

気・血・津液(水)とは

現代医学の概念からは異質であり馴染みづらいところがありますが、漢方を処方する際の考え方に必要な概念です。

働きだけがあって形のないものであり、身体をめぐって生ある状態に保つものとされています。元気がある、気が沈むなどの言葉がある様に昔から何となく身近で使用している言葉を指します。

ほぼ「血液とその機能」と同意義です。気との協調により全身をめぐります(という意味では西洋医学の概念とは少し違うところもあります)

津液(水)

血液以外の体液一般を指します。

まとめ

独立しているものではなく互いに密接に関連しておりバランスが大切であるという概念です。

これらが異常をきたすと様々な病態として現れてくると考えられています。